忍者ブログ

とおる亭

*BL小説* 全作品R18です。 閲覧は自己責任でお願いいたします。

ご機嫌な彼氏6

自分より一回りは小さく細い指が、多田の分身を丹念に扱いていく。先端に浮かび上がった蜜が溢れそうになった時、柚乃宮の舌が硬茎に這わされて、多田は思わず呻いた。

何度見ても目の毒。あの綺麗で柔らかい唇が自身を愛でているかと思うと、それだけで達してしまいそうだ。

「健斗・・・」

堪らず名を呼ぶと、応えるように硬茎を頬張って吸い上げてくる。

「ッ・・・イ、きそ・・・ッ・・・」

もう幾分も保たない。うっかり彼の喉を突いたりしてしまわないよう、キツくシーツを握り締めて堪える。

「はぁ・・・健斗・・・」

今度は先端をこじ開けられるように舌でくすぐられて、熱が競り上がってくる。

「健斗、イく・・・いい?」

答えを聞き出す前に強く吸われて耐えきれなかった。

「うッ・・・く・・・ッ・・・」

「ッ・・・」

今さら焦っても遅い。一度噴き上げた熱は止まらずに、何度も柚乃宮の口内へ向かって放たれる。

「はぁ・・・」

夢心地で呆然と柚乃宮を見つめていると、顔を上げた彼の口元に自分が達した証を見つけて身体が熱くなる。再び芯を持ち始めた多田のペニスに柚乃宮が指を絡めて扱いてきた。

こんな光景を目の当たりにして平静でなんていられない。脳の全ての回路が焼け切って、ショートしそうだ。

上に跨る柚乃宮を抱き寄せて、膝立ちさせたまま彼の秘部へと指を伸ばすと、いつも最初に訪れる抵抗感がない。柚乃宮と目を合わせようとすると恥ずかしそうにその目を逸らす。

「お風呂で、した?」

どこまで喜ばせれば気が済むのかと口元が緩むのも構わず、指を進めて解していく。

仕事で波に乗って興奮して、そこへさらに疲れが合わさると、奇妙な高揚感が身体を包む感覚は多田にも憶えがある。そういう時、堪らず快感を手にしたくなるのだ。今日の仕事振りを思えば、彼がそういう状況に陥ってもおかしくない。

中が解れるのに大して時間は掛からなかった。柚乃宮が上に跨ったまま多田の分身を埋め込んでいくのをじっくりと眺める。突き上げたくなる衝動を何とか堪えて馴染んだ時には、もう居ても立ってもいられない状況だった。

「あぁッ・・・あッ・・・ん・・・ッ」

いつもより少し大胆な柚乃宮が自ら腰を落として揺すってくる。与えられる甘い痺れに、身体中の全神経が快感を追い始めた。

もうこうなったら、後は気持ち良くなるだけ。そうする事以外、何も考えられない。

「さと、しッ、さ・・・」

快感が過ぎて苦しいのだろう。いつの間にか彼の頬に涙が零れ落ちていた。指ですくい取って唇を寄せると、身体を強張らせて震え始める。

「やッ、イ、く・・・イくッ・・・」

「いい、よ・・・ほら・・・健斗ッ・・・」

二人の間で揺れる柚乃宮の分身に手を添えて扱いてやる。この方が直接的な刺激になって、彼が辛い思いをしなくて済む。興奮して妙に冴えた頭を休めるには、わかりやすい快感の方が身体はリラックスする。

「あ・・・あ、イくッ・・・うッ・・・ん・・・」

しがみ付いて絶頂を迎えた柚乃宮が、腕の中で仰け反って震える。多田はそのまま彼を横たえて、今度は自分が達するために抽送を始める。

もう頭の中は気持ちの良い今という現実しかない。駆け上ってきた熱に慌てて腰を引いて、欲望の証を柚乃宮の上気した肌に叩きつける。

「ッ・・・んッ・・・」

激しく揺さぶられて、ずっと絶頂の中にいた柚乃宮は多分何が起きているのかもわかっていないんだろう。虚ろな目が宙を彷徨っている。

柚乃宮の肌に己の欲望を散らした充足感。恐ろしいほど満たされて、内心苦笑する。

「さとし、さん・・・」

虚ろな瞳がようやくこちらを捕えたようで、とろんと甘い眼差しが見つめてくる。

「気持ちよかった、です、か?」

そんな煽るような目で見てくるなと言いたくなる。この頭はそれくらい簡単にスイッチが入ってしまう。

しかし柚乃宮の熱い眼差しは長くは続かなかった。疲れがピークに達したらしい。瞼が閉じて、終いには寝息を立て始めた。

疲れているのに起こしてしまうのは可哀想だと、タオルを濡らしてきて精に塗れた身体を清めていく。全て綺麗に拭い去るまで、気持ち良さそうな寝顔は変わらなかった。










 








いつも閲覧いただきまして、ありがとうございます。
にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説へ
にほんブログ村
B L ♂ U N I O N


Twitter
@AsagiriToru
朝霧とおる
PR

コメント

プロフィール

HN:
朝霧とおる
性別:
非公開

P R

フリーエリア